施工事例集

ログハウスHOME > 施工事知識 > 薪ストーブとチムニーボックス

薪ストーブとチムニーボックス

薪ストーブを別荘だけでなく住宅地でも置く例が増えている。ストーブの性能が格段によくなった為というのがその大きな理由のひとつだ。

薪ストーブ
通し番号801
関連するページ
施工例  寒冷地の別荘
暖炉のある家 531


 

以前のようにもくもくと煙を出すこともなくなり、屋根からチムニーボックスが出ていないと、薪ストーブをおいているかどうか分からないほどである。したがって煙突掃除などの手間も減り、使いやすくなった。薪の調達の方法が大きな問題だがそれさえ解決すれば暖房の選択しのひとつに加えてもいいかもしれない。

   

薪ストーブとチムニーボックス

別荘だけでなく、住宅の暖房にも薪ストーブを設ける例が多くなってきた。薪ストーブの性能もあがって燃焼効率がよくなり、そのため発生する煙の量が格段にすくなくなり、煙で近所に迷惑をかける心配も少なくなったせいもある。

チムニー(煙突)の屋根から上に出る部分をボックス状のもので覆う。それをチムニーボックスと呼んでいる。機能面だけ考えれば必ずしもこのチムニーボックスはなくてもよいが、屋根からでるこの形が外観全体を際立たせる効果をもっている




薪ストーブと煙突
天井と煙突の準備

チムニーボックスの仕上

シダー張のチムニーボックス 煉瓦張のチムニーボックス

 構造用合板とツーバイフォー材などでボックスを形つくり、中には断熱材をいれ箱の外側には 煉瓦、石、などを張り付けて化粧を施す。
 写真左: この家の例ではボックスの上にシダーを 張り付けている。外壁の仕上げがシダーの縦張のチャネルサイディングなので、その外観ともよくマッチしている。

 写真右:別の別荘でのチムニーボックスの例では 煉瓦調のものをチムニーボックスの仕上げに使っている

フロンティアワールドの家 ラインアップ 

ハンドカットのログハウスからコンクリートのマンション、一般住宅まで。
フロンティアワールドの「家」のバリエーション

ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビーム 別荘
ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビームのログハウス 2×4工法とログハウス
山中湖の別荘 ラウンジ 住宅 マンション
2×4工法 大規模ログハウス 一般住宅

RC(鉄筋コンクリート)



 

ページトップへ