凍結深度

施工事例集

ログハウスHOME > 建築事例集 >凍結深度

 凍結深度

断熱性能の優れた住まい

凍結深度と基礎工事


間取り集E026 十和田石の浴室

○八ケ岳のこの別荘地は標高が1300〜1800と高く厳冬期には零下20度を下回る日もある。建設予定のYさんの敷地は
標高1650mの地、給排水工事とともに基礎工事もその寒さに対応したものでなければならない。 基礎の深さを凍結深度いかにするということである。

○オーナープロフィル
年齢:60代半
  職業:会社役員(ご主人)会社役員(奥様)
 住まい:千葉県

写真:全面シダーの横張り。
外壁は「自然にマッチして落ち着いた中にもおしゃれな感覚を」というご希望でこの色に(ブルーグレー)。
地形に合わせてベランダの高さは3段階の高さに。完成した段階では基礎が地面の下深く(凍結深度以下)にあることを想像できない


   

凍結深度

凍結深度とは

     

寒冷地で冬期に地面の下が凍る深さのこと。土は凍ることによって膨張し、それによって生じる想像を絶する力で、基礎やその上の建物が持ち上げられる現象が生じる。

 建物の基礎を土が凍る位置、凍結深度以上に設置すると、凍結した土が盛り上がり基礎の位置が動いて建物が持ち上げられ傾いてしまうわけである。地面の下まで凍るような寒冷地に住宅を建設する場合は非常に重要なポイントとなる。
  地元の基礎工事業者なら必ず知っているが温暖地より経験のない設計士は凍結深度を知らない場合もあるので確認しておきたい。

 

◆右の図は基礎断面図の例。GL(グランドレベル)からフーチンのそこまで
 が凍結深度以上でなくてはならない。

基礎に関しては  基礎工事 参照

凍結深度と基礎工事

  

 冬期の最低気温が地域によって違うので、凍結深度は違ってくる。このY邸の建設予定地は1m20cm以上となっている。すなわちこの深度1m20cm以上深くに基礎 を埋めなくてはならない。
この凍結深度は地域によって違うので、その土地を管轄する役所の建設課や地方土木事務所で確かめると良い。その位置を特定出来る住所が必用になる。

凍結深度と基礎の深さ高さ

 

Y邸は標高の高い、しかも緩くはあるが、傾斜があった。建設予定地の一番高い位置と低い位置とでは3m以上の落差が生じた。
基礎は水平なわけなので、基礎の一番高いところは3m+1.2m+
凍結深度 1m20
落差    3m以上
地面から上の部分 0.4m  合計4.5mもの高さになる

基礎が完成し土を埋め戻すと、その部分は土の下に隠れてしまう。

◆上の写真は道路側高い位置からの写真(埋め戻している途中)
   下の写真は埋め戻すまえ、下からの様子。これで基礎の高さがよく分かると思う。
  基礎工事の費用は温暖地で平坦の場合と 傾斜があり凍結深度の深いところとでは、時には数倍の費用が発  生する場合があるので、 土地の選定にあたっては留意したい点である。

一階二階平面図


平面図 階段

図面上の番号、または下の画像をクリックすると拡大表示されます。

 玄関

和室


キッチン

リビング


浴室

吹き抜け


ロフト

寝室


ゴミの収納



フロンティアワールドの家 ラインアップ 

ハンドカットのログハウスからコンクリートのマンション、一般住宅まで。
フロンティアワールドの「家」のバリエーション

ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビーム 別荘
ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビームのログハウス 2×4工法とログハウス
山中湖の別荘 ラウンジ 住宅 マンション
2×4工法 大規模ログハウス 一般住宅

RC(鉄筋コンクリート)




ページトップへ