旧軽井沢 鹿島の森

キャンベルシダーハウスとは

ログハウスHOME > 土地についてトップ >旧軽井沢の別荘地 > 旧軽井沢 鹿島の森

旧軽井沢 鹿島の森  90

  • 鹿島の森 三笠通りの西側一帯。軽井沢ブランドを代表するエリア。
  • ゆったりとした敷地に軽井沢を代表するエリアにふさわしい別荘が建ち並び堂々とした風格。軽井沢というステータスを自然と感じる別荘地。
  • 別荘地内には歴代の政界人にちなんで町で命名した通りが多くあり, 周辺には「鹿島の森ホテル」「旧軽井沢ゴルフクラブ」紅葉の名所「雲場池」等もあり、また旧軽井沢銀座も徒歩圏。

    雑誌、カタログ、別荘地のホームペイジ等から編集。

          ※ ↓クリックすると飛びます












    1.旧軽井沢 鹿島の森 の概要

    ホテル鹿島の森の風格あふれるエントランス


    鹿島の森の歴史


  • 明治22〜23年「碓氷峠アプト式の布設工事」
    その工事の大半を請け負ったのが鹿島組
    (現鹿島建設)の二代目・鹿島岩蔵氏。
       
  • その後軽井沢精進場の長野県営種育場の跡地
      15万坪を購入し、自らも軽井沢に日本人3人目の別荘 保有者となるこの美しい森は大正時代には別荘地とし て分譲され、いつの日か鹿島ノ森と呼ばれるようになっ た。
     

    ホテル鹿島の森


    昭和31年、旧軽井沢ゴルフクラブの前面の場所に、宿泊施設としてのロッヂが開業する。そこでは財界人や政界人が集まるパーティーが開かれ、次第に社交の場へと発展をとげる。
    昭和52年、ロッヂは全面改装され、ホテル鹿島ノ森として生まれ変わる

    ホテル鹿島の森 のホームページへ

       

    旧軽井沢ゴルフ倶楽部

  • 大正8年、鹿島ノ森の別荘地に隣接し、日本で7番目のゴルフ場が誕生。現在の旧軽井沢ゴルフ倶楽部  
  • 大正12年の摂政宮、のちの昭和天皇がプレーされる
     
  • 昭和23年米軍接収解除、昭和30年にホール数拡大。
  • 現在でも日本有数の名門コースとして名高い





    そのほか周辺施設

    初夏の青空、秋の紅葉、雪景色と四季が美しい雲場池

    ページトップへ

    2.旧軽井沢 鹿島の森 へのアクセス

     
     
    ■JR利用のアクセス
    長野新幹線「軽井沢駅」車約3分〜約5分





    グーグルマップ

    グーグルマップを利用しています。右上に 地図・写真・地形・Earth と表示があります
    ■地図  :最初の状態です。地図が表示されます
    ■写真  :航空写真
    ■地形  :立体的に色わけされて表示されます
    ■Earth :人工衛星からの写真です
    それぞれ拡大縮小、位置の変更が自由にできます。
    →↑↓← +(プラス)と-(マイナス)などのボタンを利用して下さい



         雑誌、ホームペイジ、パンフレット等に公開された物を利用。あくまで参考です

    フロンティアワールドの家 ラインアップ 

    ハンドカットのログハウスからコンクリートのマンション、一般住宅まで。
    フロンティアワールドの「家」のバリエーション

    ハンドカットのログハウス
    マシンカットのログハウス ポスト&ビーム 別荘
    ハンドカットのログハウス
    マシンカットのログハウス ポスト&ビームのログハウス 2×4工法とログハウス
    山中湖の別荘 ラウンジ 住宅 マンション
    2×4工法 大規模ログハウス 一般住宅

    RC(鉄筋コンクリート)

  • ページトップへ