ログハウスのペンション

建築知識

ログハウスHOME > 建築知識トップ > 輸入住宅>ログハウスのペンション

ログハウスのペンション (171坪)


関連するサイト
ハンドカットのログハウス 実例12
ログハウスの技術 14
ログハウスの長所と短所17
ポストアンドビーム18
ログハウスとツーバイフォー19
大規模ログハウス20 朝霧

間取り集→ログハウスのペンション G-01













  • 岩手県の安比スキー場に作ったログのペンション。
      重量感のあるログの本体とのバランスを考え
      外階段と階下部分に岩と石を使用した
  • カナダと日本の合作
       伝統的な日本の木工技術のとログ技術を合併
      ビルダー1人+大工4人を日本から派遣し、カナダのロ  グビルダーと共同でバンクーバーで加工した。
     

    1 大規模ログハウス 「朝霧スクエア」

    2 大規模ログハウス ペンション

    3 大規模ログハウスの例2(準備中)


    2 大規模ログハウス ペンション目次

    ※番号をクリック→希望の項目に飛ぶ

  • 1. ログハウスのペンション 外観  

    外観の特徴

  • 階下部分はRCつくり、玄関をノッチ組工法、 宿泊部分はピースエンピースと三種類の
      工法を組み合わせている(ピースエンピースはポスト&ビームの バリエーション)
  • 重量感のあるログハウス部分とのバランスを考慮し、階段及び地階部分に石を使用した。
  • ノッチを組みトラスで屋根を支えて、迫力あるエントランス部分で客を迎える

  • 外観写真


    2. ログハウスのペンション ダイニング



    ダイニング部分の特徴

    レストラン部分は丸太を125度に組み合わせた
     (普通は90度)

  • 外壁から2m離れて3本の柱を立て、大きく張り出した
     屋根を支えている。
  • 中心部にログの大黒柱を立て、頂点に向かって登り
     梁が走り、その梁を支えるために柱より頬杖で補強した
  • 柱を利用してテーブルで囲むようにした
     

    ページトップへ

    3. 工事中の写真



    写真右上:トラスの上に棟木を載せる
       1 トン近くもの重量のある丸太、 クレーンの使用、    高所での作業。  安全性の確保も大切。
        熟練したビルダー、大工、クレーンのオペレーター   の連携が重要
      
         
    写真中右:壁の上にトラスを設置する    

    写真下左;ログの加工はバンクーバーのログサイトで
        行われた。
       丸太を加工には、大工とログビルダー両方
        の技術を必要とし、日本から4人の大工を派遣。

    写真下右: 一点に何本ものログが集中するところは
        特に高度な計算と技術が要求される
            

    ページトップへ

    4. ログハウスのペンション ログの躯体完成

        
               
  • 建物規模   一階 367.76u
      二階:141.98坪
      地下:55.62u
      延べ床面積 565.36u(171坪)

  • 小屋組みを上空から見る
      写真上の部分は 宿泊部分

  • ログの躯体完成
     左の丸太組部分がエントランス
     右側がレストラン部分
     奥のほうに見えるコンクリートは厨房部分。
           

    フロンティアワールドの家 ラインアップ 

    ハンドカットのログハウスからコンクリートのマンション、一般住宅まで。
    フロンティアワールドの「家」のバリエーション

    ハンドカットのログハウス
    マシンカットのログハウス ポスト&ビーム 別荘
    ハンドカットのログハウス
    マシンカットのログハウス ポスト&ビームのログハウス 2×4工法とログハウス
    山中湖の別荘 ラウンジ 住宅 マンション
    2×4工法 大規模ログハウス 一般住宅

    RC(鉄筋コンクリート)


    ページトップへ

  • ページトップへ