那須で永住

建築例

ログハウスHOME > 施工事例集トップ > 建築事例集 > 那須で永住

 那須で永住 

那須の家外観
施工例 27
那須の別荘分譲地
間取り集 B-77
  ガレージと一体の大屋根 

那須の別荘地

那須永住の地に決めた理由

那須への永住も見据えて別荘を建築したのは 東京都内で昔ながらの技術をもつ職人として活躍中のMさん。
  まだ子供さんが小さいので、少しでも自然の中で家族で過ごすことが当面の目的。仕事がらなかなか目的の永住計画は実行に移せないが、いつでも永住できる体制をとりつつある。

 奥様の実家が青森なので、おじいちゃんや、おばーちゃんが娘さんや孫たち会うとき東京より少し近くなる。ここに集まりバーベキューをしたりお酒を飲んだりして楽しんでいる。この別荘が一族の集まる場所となっている

○オーナープロフィル
  年齢:40代半
  職業:自営業
  住まい:東京都

写真:ログハウスらしさを一番表しているのが、駐車場屋根を支える太い丸太の柱と筋交い。外観的にもゆったりと大きく見せている。 自慢の玄関横の丸太は直径50cmもあろうかという太さだ。工法的にはツーバイフォー構法だがそれにログを加えた独特の家だ。


那須に永住の地に決めた理由

那須の家外観 那須を永住の地に決めたのはいくつかの理由があった
現在の職場から近い (東京の東側に住む人にとっては 那須は比較的気軽に行けるロケーションだ)
夏は涼しく、冬は暮らしが困難なほど寒さが厳しくはない
  また雪もそれほど多くはない 
別荘を起点にして遊びや文化施設の充実している
車で行ける範囲にスーパーなどの買い物が出来る
近所付き合いの煩わしさのないこと
・・・などなどの理由から、適度な高さのある那須の別荘地に決めた

永住を視野に入れた間取


一階平面図
リビングと隣接した和室。戸を開けるとリビングと一体化
した空間に

屋根を延長した駐車場屋根を延長した駐車場   
柱梁を受けるため、分厚い鋳物の枠
リビングに立つ太い丸太

那須の別荘 一階

二階平面図:

余り細かく間仕切らず、吹き抜けロフトが一体化し
大きな空間に左がロフト右側は寝室
那須の住い 二階
正面に薪ストーブ
見上げると丸太造りの手摺のむこうにロフト
キャビネットと吊戸棚はシダー製の特注品
和室の襖を閉めると落ち着いた寝室となる
階段 階段

図面上の番号、または下の画像をクリックすると拡大表示されます。

玄関

ガレージの屋根


リビング

那須の住い 居間


吹き抜け

キッチン


和室


フロンティアワールドの家 ラインアップ 

ハンドカットのログハウスからコンクリートのマンション、一般住宅まで。
フロンティアワールドの「家」のバリエーション

ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビーム 別荘
ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビームのログハウス 2×4工法とログハウス
山中湖の別荘 ラウンジ 住宅 マンション
2×4工法 大規模ログハウス 一般住宅

RC(鉄筋コンクリート)




ページトップへ