傾斜地の工事

キャンベルシダーハウスとは

ログハウスHOME > 建築知識トップ > 建築知識 > 傾斜地の工事

傾斜地の工事 240

基礎








山
関連するサイト
・○○○
・○○○
別荘地集(157例)














○日本の別荘地は傾斜地が非常に多い。
○傾斜地、特に急傾斜地は、一般に開放的な眺望を楽しめるのが特徴。
○実際の傾斜地は、単純な形状ではなく、素人には角度の判断が難しい。うっそうと 木が生えているような場所では、より難しくなる。

○造成して土地を平坦にしている敷地も多いが、果たして地盤は大丈夫なのか心配。
○急傾斜地は工事が大変だというので売りずらく、区画価格を平坦な区画より相対的に安く設定している事が多い。
○土地代金が大幅に安くなるなら買い特になる
○だが土地は安いが、それ以上に工事費がかかったら?
  その見極めが果たして出来るか?

敷地の選択の要素は工事費だけではないが、ここではコスト面に絞って見てみよう。
建築経験が豊富なメーカーや建築家などの専門家に見てもらうとのが安全。買うかどうするか最終判断する前に、見積もってもらうとよい。

 



1.傾斜地の工事 基礎工事@

別荘  
○コストが割高なのは基礎工事だけではないが、やはり一番影響が多きくコストに影響する
○傾斜が急になるほど基礎は大掛かりになり、工事自体も手間がかかる。
○あくまで参考だが、傾斜角10度までの緩斜面で基礎工事費が平坦地の3〜5割増し、20度以上の急傾斜地では2倍以上になる。
○ 寒冷地では凍結深度より深くまで基礎を掘らなければならない という別な要素も関係しより高くなる。
○なお傾斜地では内が、すり鉢状の区画や川の流れる区画は地下に水がたまりやすく、基礎を高くしたり、排水溝を埋設する工事が必要な場合があり、全体的には平坦なのだが、思わぬコストが掛かることある。

 

2.傾斜地の工事 A搬入 

フロンティアワールドの施工例から
基礎例
○狭い傾斜地は基礎工事費が膨らむ可能性が大。
距離があれば、斜面をならして土壌を安定させられるが、狭くて隣接区画との境界線までの、距離がとれないとコンクリートなどで土留めの擁壁をつくる工事が必要になることがある。
○家のプラン、形により変わる






3.傾斜地の工事 ?搬入 クレーン


ブリッジ
○ レーンが届くかどうかは費用だけでなく、レイアウトにも影響して くる。
平坦地の場合は鉄板などで養生すれば、建設予定地の近くまで
クレーンが入れるが 傾斜地の場合、敷地の中まで入ることはマズ 難しい
○費用
 道路から奥に予定している場合、クレーンのブームが届くか
  どうかを考えないといけない。
 大型のクレーンでブームを一杯に伸ばして、どこまで届くのか
  最終的にはオペレーターに見てもらい確かめる必要がある。


4.フロンティアワールドの施工例から

基礎工事緩傾斜に思えるが、基礎工事に入ってその意外な落差に
驚くことが多い。
特に、平面図の上で傾斜方向に対しての距離が
大きい程落差が大きくなる。






写真上左:基礎を打つと

外部足場

 

 

フロンティアワールドの家 ラインアップ 

ハンドカットのログハウスからコンクリートのマンション、一般住宅まで。
フロンティアワールドの「家」のバリエーション

ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビーム 別荘
ハンドカットのログハウス
マシンカットのログハウス ポスト&ビームのログハウス 2×4工法とログハウス
山中湖の別荘 ラウンジ 住宅 マンション
2×4工法 大規模ログハウス 一般住宅

RC(鉄筋コンクリート)


ページトップへ

ページトップへ